貯湯槽

貯湯槽

応力腐食割れに強い
SUS444を使用。

貯湯槽内面は全てバフ#150仕上げで
いつも清潔な温水が供給できます。

ベルテクノ貯湯槽の特徴

  • 温水環境下における塩素イオンに対する従来のステンレス鋼の宿命的欠陥である応力腐食割れ(S.C.C Stress Corrosion Cracking)をまったく発生させないフェライト系ステンレス鋼SUS444を使用しております。
  • 貯湯槽本体周及び、長手継手溶接は完全自動溶接化されており、溶接状況、外観共一級品です。
  • 貯湯槽内面はすべてバフ#150仕上げを施してありいつも清潔な温水が供給できます。
  • 当社は昭和32年労働省より第一種圧力容器製造許可を受け、現在迄にステンレス製10,000台以上(第一種圧力容器含む)の製造実績があります。

SVS型

立型貯湯槽

  • SVS型は横型に比べ加熱コイル量が少なくしたがって給湯量も少ないが、
    立型なので据付面積の小さい処に適しています。
  • 過熱コイル長さは蒸気圧力0.034MPaにて算出したものです。
  • 配管接続口は、40A以下はソケット、それ以外はフランジが標準です。
  • 板厚は最高使用圧力0.49MPaの場合です。

給水温度5℃
給湯温度60℃
蒸気圧力0.034MPa
給水圧力0.49MPa

SVS型貯湯槽標準寸法表

※この表以外にもご注文に応じて製作致します。

SHS型

横型貯湯槽

  • SHS型は加熱コイルが多く入り給湯量も多くなりますが、
    立型に比べ広い据付面積が必要です。
  • 加熱コイル長さは蒸気圧力0.034MPaにて算出したものです。
  • 配管接続口は、40A以下はソケット、
    それ以外はフランジが標準です。
  • 板厚は最高使用圧力0.49MPaの場合です。

給水温度5℃
給湯温度60℃
蒸気圧力0.034MPa
給水圧力0.49MPa

SHS型貯湯槽標準寸法表

※この表以外にもご注文に応じて製作致します。

貯湯槽について

ステンレス鋼製貯湯槽における一番の問題点は、応力腐食割れ(SCC)です。
SCCは材料(組織、合金元素)、応力、環境(Clなどのイオン、温度)の3者がある条件を満たすときに発生します。
SUS444(高純度フェライト系ステンレス鋼)の場合は、不純物であるC・Nの量を非常に少なくし、
その上希少金属のNb・Tiを入れる事で一層Cの作用を減少させ、さらにMoを2%入れる事で耐食性を向上させたステンレス鋼です。
また、SUS444はSCCだけでなく、耐孔食性、隙間腐食性にも優れております。
当社の貯湯槽はそのSUS444を材料に製作をしております。
当社は通常の貯湯槽に加え圧力容器構造規格に適合した製品も製作可能な上、熱交換器コイルの素材に付いてはCuコイルやSUSコイル等、用途に応じた材質の選択が出来る為、
お客様のニーズにお応えする事が出来ます。

PAGE TOP

建設設備の設計者様へ
  • パネルタンク
  • 貯湯槽
  • エコキュート
  • 密閉式膨張タンク
  • 熱交換器
  • 蒸気発生器
  • オイルタンク
  • 一覧へ戻る
水道事業者様へ
  • 超大型短形ステンレス配水池
  • ステンレスパネル配水池
  • フロート式逆流防止弁
  • サイホン式遮断システム
  • B-save
  • B-solar
  • ステンレス内張
  • 円筒形タンク
  • 給水タンク
  • リースタンク
  • 一覧へ戻る

ベルテクノ

株式会社ベルテクノ

  • 〒460-0002
  • 愛知県名古屋市中区丸の内
  • 3丁目21番20号
  • 朝日丸の内ビル9階
  • TEL:(052)857-9001(代)
  • FAX:(052)857-9006
  • E-mail:tank@beltecno.co.jp

Copyright (c) Beltecno Co., Ltd. All Rights Reserved.